二度目の債務整理

| 未分類 |

以前に債務整理をしたことがあり、二度目の債務整理をしようとすると、どうやって最初の債務整理を行ったかにより手つづきに差があるようです。まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、二回目に債務整理ができるようになるのはそれから7年後以降です。他方、任意整理の場合は特に期間の制約は設けられていません。二回目の債務整理は原則として1回目より許可が下りづらく、かつ二回目の自己破産ともなると、極めてハードだと言っていいでしょう。何歳になっても再スタートは切れます。何歳であろうが債務整理には影響しません。債務整理と引き換えに不便になることと言えばクレジットカードの使用やローンを組む事が出来てなくなるだけで、豪勢な暮らしは難しいですが、他は平均的に生活を営んでいく事が出来てます。ある程度年を重ねた方も5年が経ちさえすれば元通りに戻れるため、もしお金の借入に苦しんでいるのであれば債務整理を新しいスタートのきっかけにしてはどうでしょうか。ご存知のように、任意整理は債権者との交渉によって残った債務を毎月支払いながら完済を目さします。この時にお金にゆとりが出た場合には、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をする方法も使えます。この場合、任意整理を依頼した弁護士などがいれば、ご自身が債権者に返済についての連絡を入れるより、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方がスムーズに話が進みます。弁護士事務所は豊富なので、債務整理を頼む所を選ぶのは一苦労です。なんとか良い弁護士を選びたいと思ったら、詰るところ債務整理を熟知していて、受任の実績がこれまでたくさんある所に委任するのがベストでしょう。大抵の法律事務所なら公式サイトがあるので、サイトを見てみて債務整理の経験を売り込んでいるか確認してみると判断をつける際に重宝するはずです。仮に今ある借金を債務整理で処分しても、家族にとっては、さほどマイナスにはならないでしょう。お金の借入を債務整理で処分した人が身内にいようと、あくまでブラックリストに名前が載るのは債務整理者本人だけですから、家族は従来通り、キャッシングやローンを組むこともできます。ただし、注意して欲しい点もあるようです。家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、本人の借金が、保証人である家族に降りかかってしまいますから、安易な債務整理はおススメできません。手持ちの現金がなくても買い物ができるクレジットカードは便利ですが、買い物に使い過ぎたら借金地獄に陥る可能性があるようです。この場合、債務整理をすれば、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、返済が可能な範囲に収めて可能な範囲で返済を続ける事が出来てます。けれども、実際に債務を整理をするとクレジットカードは使えませんし、場合によっては、ショッピング枠で購入した商品が整理の対象になり、クレジット会社に引き上げられることがあるようです。立とえ弁護士に着手金が払えない状態でも、弁護士次第ですが債務整理を引きうけてくれるところはあるようです。一般的には着手金に変るものとして手付をできるだけ支払います。持ちろん借りてまで払えというものではありません。足りないところについては、受任通知送付後の返済猶予期間に積み立てをして、結果が出てから最後の精算と合わせて清算するのです。いわば支払いを事前に分割払いする感じです。ごく一部の例外を除き、債務整理では大抵、積立方式を勧められますし、債務の返済が再開してから弁護士費用を支払うよりはよほど現実的です。債務整理は時間がかかるものですから、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。とはいえ、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。なお、個人再生や任意整理の手つづきを取った場合は、一部の債務が残るでしょう。返済は残った債務を分割して支払うことになり、金利は発生しません。でも、こちらの債務も延滞するようになると、ミスなく延滞損害金が追加されます。また、一括で請求されることもあるので、返済期日は確実に守るようにしましょう。
借金返済できない