» 2018 » 5月のブログ記事

任意整理も民事再生も、債務整理を行なう時の方法になります。主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。任意整理においては債権者と債務者の間で交渉が行なわれ将来利息を付けない返済額の取り決めをして、各月の支払いを行っていくことになり、普通は借りている元金を減らすことはできません。

それに対し、民事再生ではまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。債務整理についてですが、気を付けて貰いたいことがあります。

債務整理は多重債務の状態から抜け出すのに必要な方法ですが、手続きをしてからすぐに認められるりゆうではなく、数ヶ月の期間が必要です。

長期間なので、債務整理中に急にお金が必要になることがあるかもしれません。

ですが、債務整理の期間中に新たな債務を抱えるような行動は避けてちょうだい。

これがバレてしまうと、裁判所での立場が悪くなって、債務整理が失敗することもあるため、絶対に辞めましょう。

借金が多くなってしまって任意整理をする場合、その後に、新しく借金をしようと思ったり、クレジットカードを作りたいと考えても、情報が信用機関に残るため、審査に通過することが出来ず、数年程度はそのようなことを行えないことになっているのです。借金癖がある人には、かなりの厳しい生活となるでしょう。

借金地獄に陥り、債務整理を視野に入れ初めたところでまず問題となるのがどこで弁護士または司法書士へ委任するかですよね。通常、弁護士事務所では初回の相談を無料でうけてくれるのです。

頼れる担当者かどうか、この無料相談を通じて確認できます。加えて、法テラス(法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関)でも無料の相談対応がうけられます。 借金払えないまま滞納