» 2014 » 10月のブログ記事

大学生の時、車は親も含めて持っていませんでしたが、就職に有利かも~程度の理由で
教習所に通うことにしました。

私はとにかく怒られたり注意されると、何故か一気に萎縮して思考が止まってしまいます。
運転も操作の覚えも悪い方だったので、何かと注意を受ける教習は、まさにメンタル面を
ガンガン攻撃される(しかも密室)恐怖の時間とあいなりました。

ちょっとミスっても、優しく教えてくれる教官と実習の日は、特にひどい事も起こさずに
終われるのですが、逐一キツめの口調で指導してくれる教官の日は、乗り上げたり脱線したり
散々な結果になりました。ハンドルどっちに切ったら良いか分からなくなる位テンパっていたと
思います。

通っていた教習所は事前に時間だけ予約をとっておき、実習時間前にカードを通すと
教官の名前と時間のかかれた紙が出てくるのですが、二時間とって二時間とも、苦手な
教官の名前が出てくると、ヒー!!とロビーで叫んでしまう位でした。
しかもしょっちゅうそんな事が。
あれはランダムだと思いたいのですが、もしかしたらメンタル面が弱い私を鍛えるために、
あえて教習所がセッティングしたんじゃなかろうかなんて今でも疑っています。

しかしそのお陰で?毎日のように車に乗っていますが、今のところ無事故無違反。
少々の事でも動じなくなりました。会社に入って上司に怒鳴られることがあっても
頭もきちんと働くようになりましたし。

運転していると教習所の車を見つける事があるので、その時はなんともいえない気持ちに
なりますが、結果的に助かっているような気がしますので、あの教官には感謝しています。
http://www.artic3p.org/